着物を博多で購入する時に知っておきたいこと

着物といえば大人の女性が着るイメージがありますが、着付け教室が人気となっている近頃は、若い女性が着物を着て街を歩く姿を見かけることも多くなりました。中洲や天神、博多座など大人の雰囲気が漂う街・博多でも、最近は着物姿で歩く女性が増えており、博多駅周辺には着物屋さんも多数点在しています。一枚あれば演劇や食事の場にも気軽に着ていける着物ですが、着物初心者にとって着物を購入するというのはとてもハードルが高いものです。しかし、ポイントさえ知っておけば、購入したことのない人でも案外気軽に購入することができる着物は、””日本のこころ””でもあります。色や絵柄、生地によってもまったく雰囲気が異なる着物は、袖を通すだけで女性らしさも生まれますが、そんな着物を上手に着こなすためには、まずは着物の生地の種類や特徴を知り、失敗しない選び方を学んでおくことが大事です。

着物の生地の特徴と着物の主な種類

一見どれも同じように見える着物ですが、実は着物にはさまざまな種類があり、着用シーンによっても多種多様な生地が使用されています。そのため、博多で着物を購入する場合は、まず着物の生地の特徴や種類を知っておくことも大切です。着物の生地は大きく分けて絹・木綿・麻・ウール・化織の5つの種類があり、それぞれ異なる特性を持っていますが、昔ながらの技法で仕立てられる着物の多くは絹で織られており、手触りが良く上品な雰囲気が感じられる絹は、体のラインも美しく魅せてくれる一方で、汚れやすく湿気にも弱いという弱点もあります。また、産地によって値段も大きく異なる木綿は、普段着として着用される着物や浴衣の代表的な素材で、汗を吸収しやすいという特性を持っていますが、シワになりやすかったり、日光など強い光に弱く変色しやすいなど弱点があります。

初心者も安心!失敗しない着物の選び方

博多美人といわれるように博多の女性は綺麗な方が多いですが、着物が着られればより一層その人の魅力も際立ちます。しかし、なかなか着る機会の少ない着物は着物初心者にとって着物を選ぶだけでも大変です。でも、着物を選ぶ際はいくつかのポイントさえ抑えておけば、初心者でも気軽に着物を購入することができます。例えば、着物を購入する上でまず大事なのが、一生付き合える一枚を選ぶということで、愛着のある一枚となっていくか見極めるというのはとても重要なポイントです。また、上質な素材感のものを選ぶことも着物を購入する上ではとても大切なポイントですが、帯締めやバッグ、草履といった小物に手を抜いてしまうとせっかく購入した着物も台無しになってしまう場合もあるので、着物を購入する際は、小物への投資も惜しまないことも大事なポイントです。