おすすめの博多の着物屋さんの選び方

はるか昔からずっと今に伝わる日本の民族服である着物ですが、そんな着物も今では街中で見かける機会も減り、身につける機会もなかなかありません。それでもやはりきれいな着物や着物を着こなしている人を見ると日本人としては着てみたいなと思うこともありますよね。男女問わず着物がしっかり着こなせたなら背筋も伸びシャキッとした気持ちになり、周囲から見てもかっこよく、きれいに見えます。今は着物の着付け教室などもあり通う人も少なくありません。着付けをしてくれるお店もあります。いざ着物を買おうと思ったとしても着物や着物を着るにあたって必要なものを全て自分で選ぶのはたくさんの種類があるためなかなか難しいものです。ここでは博多で着物を購入したいと考えている人の参考になる情報を集めました。

博多で着物店を探す前に博多織について。

博多で着物を探すことに決めたのは良いものの、実際に選ぶとなった際に着物についての知識がなければ選ぶときに苦戦してしまいます。着物にも全国各地でそれぞれ有名な種類があります。まずは博多の着物といえば博多織です。博多織について知りましょう。博多織の材料は絹糸・金糸・銀糸などからなっており、生地に厚みや張りがあるため帯としての用途に適しています。特徴としては細い経糸(たていと)を多く用いており、太い緯糸(よこいと)を筬で強く打ちこんで、おもに経糸を浮かせて柄を織り出します。また、博多帯は締める際に「キュッキュッ」と絹鳴りをするため締め心地にも定評があります。実際に着物を選ぶ際に何の知識のないまま選ぶよりも、このようなちょっとした知識をもって選ぶ方が同じ着物選びでも楽しくなりより良いものを選べることでしょう。

博多で着物屋さんの探し方のおすすめ。

実際に博多での着物屋さんを選ぶ際には歴史ある呉服店に行くほかにも、手軽に立ち寄れるショッピングモールの中の店舗に行くことで探すこともできます。博多織といえば帯が有名ですがそのほかにも現在では身近で使えるような財布やネクタイ、ポーチなど様々な雑貨にも加工されておりそちらも楽しむことができます。呉服店に行くのには結構勇気がいるものかもしれませんが手始めにショッピングモールなどでどんな感じか雰囲気を味わってから本格的に探してみることもおすすめです。着物は一生ものの宝になります。誰しもが自分に合ったものを身につけたいと思うものです。時間をかけてでも素敵なものに出会えたら最高ですね。わからないことがあるときは納得できるようお店の人に聞きながら選ぶことが大事になるでしょう。

博多で着物を購入するための基礎知識

福島県の博多は古くからある都市で、着物などの和装も日頃から親しまれています。本格的に着物を選びたい人にとっても、少しだけ着物を着てみたい人にとっても訪れやすいのが特徴です。本日は、博多で着物を購入してみたい人にお役立ちの情報をお知らせします。着物を選ぶ際に基礎として意識しておくべきなのが、統一感と一体感です。どんなに良い着物を選んでも、自分に合わなかったり他のアイテムと反発し合う様では台無しになります。最初に自分に合うカラーや統一したい色の方向性、もしくは既に持っているアイテムとの調和を考えながら選ぶと失敗しにくいです。自分に合うカラーがよく分からない人は、店員のアドバイスを受けつつ自分の肌や髪に合うかを鏡で確認しながら選ぶのがお勧めです。一人で選びたい時には、鏡や自分で撮った写真を見ながら選ぶと良いです。

着物を選ぶ時に気を付けたい統合性の取り方

博多で着物を選びたい場合は、自分に合った着物選びが一番です。肌の色が白い人には、比較的多くの色との統合性が取り易くなります。肌の色がはっきりした人には、その色を際立たせる濃いカラーの着物が最適です。肌の色以外でも重要なファクターになるのが体系です。例えば人より身長が低めの人には、柄の小さい可愛らしい色合いのものが向いています。逆に背の高い人には、すっきりとした印象を持たせる柄が大き目で濃い色合いの着物がメリハリのある印象を演出します。このように自分の身体的な特徴と相談しつつ、統合性から見てバランスを考える事こそ着物選びの成功の秘訣です。店を多く有する博多には、利用者のニーズに合わせて色々な方向性の店が存在します。この機会に、自分が手に入れたい着物を心ゆくまでお選び下さい。

実際に着物を決定したら気を付けたい事

博多の着物を売っている店で注文をしたら、その着物を仕立て直す作業に入ります。必要な機会が明確に決まっての買い物であれば、出来上がりの商品を自分で確認できる余裕を持った日程での注文がポイントです。着物が家まで届いたら、可能な限り早めに開封して問題がないかチェックします。自分が注文した着物や形に間違いがないかどうかや、縫い目や柄の欠損や汚れがないかどうかの確認が重要です。ここで早めに注文しないと、クーリングオフが出来ない可能性が発生してしまいます。開封の際には子供や動物の体が届かない所で、飲み物や落下物などの商品を破損する要因が無い場所での開封が必要です。多少面倒でも包装から取り出し、全身を漏れなく確認して下さい。ここで商品が破損していても、余裕を持って商品到着の日程を組んでおけば返品や買い直しの対応がし易いです。